2015年09月24日

憧れのエーゲ海クルーズ(準備編・その1)

2015年9月7日 イスタンブール発着のオーシャニア・クルーズ
リビエラのエーゲ海航路の予約は無事完了。

次にフライトの予約をしたわけですが、イスタンブールへは成田
から直行便(ターキッシュエアラインズ)が就航していて、22:30
成田発、イスタンブールに早4:40着と言う便に乗れば出航当日着
でも時間的に全く問題ないのですが(船のチェックインは12時〜)、
せっかくイスタンブールに行くのに素通りじゃもったいない!と、
予定より1日早くイスタンブール入りして観光しようと言うことに。


トルコは夫も私も初めてだったので何も分からず、とりあえず1冊
ガイドブックを買ってどこら辺を観光するか?など目星を付けたと
ころでホテル選び。


私達が行きたいと思ったところは全てイスタンブールの旧市街に
集約されていたので、旧市街でホテルを探しところ、TripAdvisor
のイスタンブール第2位の Hotel Amia と言うホテルのレビューが
とても良かったで、レビューを信じてHotel Amiraを予約しました。


全ての予約を終え、クルーズまで約8ヶ月。
その間はイスタンブールを始め、寄港地の情報収集期間。
と言っても、色々決めたのは間際になってからですが(笑)


寄港地ではエクスカーションと言う、船が主催するオプショナル
ツアーがあります。

エクスカーションは、例えば港から遠く離れた遺跡などに車で移動
し、ガイドが色々説明してくれたりと、自分達で下調べする必要も
ないのでそれに参加すれ寄港地での心配もゼロでとても楽ちんなの
ですが、他の船会社のエクスカーションはどんな感じかわかりません
が、オーシャニアのエクスカーションは少々お高め。
なので、出発前に送られてくるエクスカーションリストを参考に、
自力で行けそうな場所には極力自力で行った方が金額的にはかなり
節約出来そう。と言う事で、エクスカーションには参加せずに全て
自力で行動する事を選択しました。


ただ1つ問題が。
普段海外旅行へ行く時は必ず現地で繋がるポータブルWiFiをレンタル
して行くので、海外でもネットの心配はしなくて良いのですが、ク
ズの場合、例えば今回はトルコとギリシャなので、ヨーロッパ
周遊のWiFiをレンタルしたとしても、海の上では電波が届かないし、
寄港地も島が多いのでもし繋がらなかった場合レンタルした意味
ない…と言うことで今回はレンタルしないことにしました。


となると、現地で自力で動く場合、ちょっと調べたい事があっても
いつものようにすぐ調べることが出来ないので、とりあえず行きた
場所の情報はEvernoteに入れ(Evernoteの無料バージョン
オフラインは使えないのですが、裏技でショートカットに登録して
おくとオフラインでも見られるので、必要なノートは全てショー
カットに入れておくと便利ですよにこにこ)、あとは問題なのが地図。


自力で歩くのに地図はかなり重要です。
それも、Google Mapsのオフライン地図(必要な場所の地図をオフ
ライン地図としてダウンロードしておく)を予めダウンロードして
おけば、現地でネットに繋げられなくてもGPS機能だけで現在地を
かなり正確に表示してくれるのでこの作業も必須です(オフライン
地図をダウンロードしておかないとネット環境がない場所では地図
は開けないので要注意exclamation

と、エクスカーションに参加しない場合は事前にやることがたくさ
んありますが、まぁそれも旅行前の楽しみと言う事で♪
posted by ゆかりん at 09:57| Comment(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

憧れのエーゲ海クルーズ(予約編・その2)

夫が帰宅し、キャンペーンの話をしてみると、偶然にも夫もFacebook
でキャンペーンのことを見ていて、「俺もこれがいいと思ってたとこ」
とのことだったので、翌日再度代理店に電話をし、早速予約電話1(プッシュホン)

ペントハウスはPH1〜PH3の3カテゴリに分かれていて、サービスや
部屋の間取りは全て同じ。違いはPH1はデッキ11(11階)の中央寄
で、PH2はデッキ11の前方と後方、及びデッキ10の中央寄り。
PH3はデッキ10の前方と、階層と部屋の場所の違いで、金額は$50
ずつ違う。10日で$50と言えば微々たるものだけど、同じ間取りで
階数をこだわらないなら少しでも安いほうがお得感がある!と思い、
PH3を予約しました。

ちなみにお部屋の間取りはこんな感じ。

Oceania-Penthouse-Suite-floorplan-2.jpg

39㎡超でシャワーブースの他に独立したバスタブがあります。

オーシャニア・クルーズ(リビエラの場合)では、

★F・G(窓なしの内側客室 / 16.8㎡)
★C(海側客室 / 22.5㎡) 
 ※客船業界初、床から天井までの全面パノラマウィンドウ
★B(ベランダ付き客室 / 26.23㎡)
★A(コンシェルジュレベル・ベランダ付き客室 / 26.23㎡)
★PH (ペントハウス・スイート 39.06㎡)※バトラーサービス付
★VS(ビスタ・スイート 111.6㎡ / 139.5㎡)
 ※フィットネスルームと2つのジャグジーバス付
★OS(オーナーズ・スイート 186㎡)
 ※ピアノバーと2つのジャグジー付バスタブ

と、8カテゴリに分かれていて、VSは8室のみ、OSに至ってはたったの3室
と言う、本物のVIPが利用するお部屋で、庶民には全く無縁のお部屋泣き笑い

B〜PHまでは各カテゴリで更に3〜4つに分かれていて、金額が少しずつ異な
りますが、同じカテゴリでの違いは階数など。

また、Aカテゴリ以上になると船のスパのジャグジーやサウナなどが別料金
なしで利用出来たり(Bカテゴリ以下の場合、1回$25必要)、お得な部分も
あるので、例えばスパを毎日利用する予定だったら、10日で$250かかる事
を考えたら、Bカテゴリのお部屋とAカテゴリのお部屋で$50しか違わない
場合は最初からAカテゴリのお部屋を押さえた方がお得だったり、お部屋選
びはその辺も考えてすると良いかもしれません。

そうそう、航路と日程は↓。

IMG_6718.jpg

こんな感じで、初めてのクルーズはひょんなことからお得に良いお部屋が予約
出来たのでした〜きらきら


posted by ゆかりん at 21:23| Comment(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

憧れのエーゲ海クルーズ(予約編・その1)

去年の秋、夫から「今年の誕生日プレゼントは何が
良い?」と聞かれ、考えた末、「今年は何もいらない
から、来年と2年合わせてクルーズ旅行に連れて行って紫ハート
と言ってみたら、意外とすんなり「いいよ」と。

クルーズは未体験だったので、右も左もわからず、とり
あえず以前から憧れだったエーゲ海を特集した
【CRUISE Traveller】
と言うクルーズのムック本を見つけたので買ってみました。

 
image-67179.jpg

その後、請求していたクルーズのパンフレットが届いたので、
航路をエーゲ海に絞って次は船選び。

船旅は同じような航路でも船会社や客室カテゴリー
によって金額がかなり変わってきます涙ぽろり

エーゲ海でもどうしてもサントリーニ島とミコノス島は外せ
なかったので、その二つが航路に入っていることが第一条件。
次に、できればベランダ付きのお部屋がいいなぁ〜、と言う
事で各社の比較を。

そして、これくらいが妥当じゃないか?と思ったのがコスタ
クルーズの7泊8日のエーゲ海クルーズのベランダ付き客室。
が、カジュアル船でも期間中2回くらいはフォーマルナイト
と言う男性はタキシードやそれに準ずるフォーマルな装い、
女性はドレス着用がしなければならないディナーがある。
夫はこれがネックだったらしく、どうにかそれを回避する
方法はないものか?と、ムック本をパラパラめくっていたら…
ありました電球

フォーマルナイトのない、カジュアルOKなオーシャニア・
クルーズと言う船会社が。

しかもなんと、2015年 ベルリッツ客船ランキング(客船版
ミシュランのようなもの)の中型船部門で、オーシャニアの
リビエラと言う船が第3位、同じくオーシャニアのマリーナと
言う船が第4位。これはきっと評判が良いに違いないにこにこ
そして、オーシャニア・クルーズにももちろん同じような日程
のエーゲ海クルーズがありました。

が、そこはラグジュアリー船なので、同じ日程でも金額がかなり
お高いあせあせ(飛び散る汗)

でも、フォーマルナイトを回避したい夫は、高くてもそこがいい、と。

そんなわけで、オーシャニア・クルーズの7泊8日のエーゲ海航路に
決め、日本の総代理店に「このプランを予約したいのですが…と話
し始めると、電話の向こうの男性はが突然「10泊じ長いですか?」と。

私は10泊でも全然問題はなかったのですが(笑)、そうなると夫は
その分仕事をたくさん休まなければならないし、しかも長くなれば
当然金額もその分高くなるわけで…
そりゃ、代理店の方はたくさんお金を払てもらった方が良いでしょう
けど、こちらにも都合ってものが顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

すると男性が、「実は、つい2時間くらい前にFacebookの方にアップ
したんですが、エーゲ海10泊11日の航路がキャンペーン価格になっ
たんですよ。期間は長いのですが、7泊8日の航路のベランダ付きの
客室の価格と変わらない価格でペントハウスのお部屋がご利用頂ける
ので、こちらの方が断然お得だと思うんですが、いかがでしょう?
まぁ、お休みの都合などもあるでしょうけど、日にちが許すようで
あれば10泊11日のキャンペーン航路をおすすめします」と。

日数が3泊も多いのに、7泊8日の航路と価格がほとんど変わらない
どころか、更に上のクラスのお部屋がに泊まれてしまうとはなんと
魅力的きらきら でも、さすがにこればかりは一人では決められない…

(続く)


posted by ゆかりん at 01:43| Comment(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする