2009年01月15日

レーシック・1ヶ月後検診

昨日レーシック1ヶ月後検診に行ってきました。

神奈川クリニックでは手術の種類によって術後の検診の回数が異なり、私がや
った「コンチェルト スーパーイントラレーシック」は、手術翌日、1週間後、1ヶ
月後と定期検診は3回
で終了(ただ、術後に炎症が出てしまったり何か問題があ
った場合はこの限りではなく、症状に応じて検診回数は変わります)。3ヶ月後、
半年後…と更に定期検診がある手術もありますので、3回で終わると言うことは
恐らく術後のトラブルが少ないからでしょう。

翌日検診と1週間後検診は内容は同じで、まず屈折計(気球を見る検査)で近視・
遠視・乱視の度数を測定し、次にいわゆる昔ながらの視力検査(片目を隠してC
の開いている方向で検査する方法)で視力を測定。この2つが終わったら別室に
移動し、眼科医師による診察で終了。

が、昨日は一応最後の定期検診と言うこともあり、「今回は今までよりも少し詳し
く調べさせて頂きますね〜」とのことでした。

内容は、前回同様気球を見る検査のあと視力検査でしたが、視力検査は今まで
と同様遠くを見る視力検査と近くの視力を測る検査、赤と緑の中の◎どちらがハッ
キリ見えるか?等レーシックの適応検査の時のように詳しく検査をしました。その
後角膜の写真を撮り、最後に医師による診察で終了。


気になる1ヶ月後検診の結果ですが、遠くを見る視力は今回は右が1.5、左が
1.2
でした。今回はじめてやった近くを見る視力検査ですが(本の様な物を目か
ら30cm離して測定)、こちらは左右とも1.2でした。

最後の診察では先程撮った角膜の画像とその場で機械を使って先生が目を見
て「術後の角膜もとてもキレイで全く問題ないですね」とのこと。視力も遠くも近く
も両方とも良く見えているのでこちらも問題なしとのことでした。

自覚症状と言えば、まだ完全に視力が安定していない為か?寝不足だったりす
ると若干見え方がぼやけるような気がしますが、それもこの1ヶ月間に2、3回で、
「昨日よりもなんとなくぼやけてる気がする・・・」程度なので、ほぼ問題無しって
感じです。

術後の後遺症としてポピュラーな、「ハロ」「グレア」と言った光がぼやけたり
滲んだりする症状(これは自分の暗所瞳孔径と手術の際にレーザーを照射す
る径の差が大きければ大きいほど起こりやすい)や、「スターバスト」と言う
光が放射状に星のように見える症状はあるにはありますが、先日も夫の実家
(静岡)から夜間ノンストップで自宅まで運転して帰って来た時も、特に対向車
のライトやテールランプが眩しくて仕方がない(以前に比べたら眩しいですが)
と言うほどではなかったので、そのうちに慣れて気にならなくなるんじゃないか
な?と思います。

この他に、よく言われるのは「ドライアイ」
こちらも酷い人は本当に酷い(30分に一度くらいの頻度で点眼していないと辛い
ような人もいるらしいです)ようですが、私の場合はコンタクトの場合はドライアイ
が気になりましたが、おかげさまでレーシック後は目の乾きは感じなくなり、指示
がなければ1日中点眼しなくても平気なくらいでとても快適になりました。

こんな感じで私の場合、レーシックを受けたデメリットはほとんどなかったので、
手術を受けて本当に良かったと思っています。

ただ、同じ手術を同じクリニックで受けても結果の出方は人それぞれですので、
手術を検討している方は手術のメリット・デメリットについてご自身で出来るだけ
調べ、それらについて納得されてから受けられることを強くオススメします。


最後に、今回もまた

20081211_1.jpg


手術が大幅に割り引きになる『スーパーゴールデンチケット』を頂いてきました。
(有効期限 2009年2月28日)

今回もまた近々神奈川クリニックでレーシックを受ける予定の方にお譲りしたいと
思います(お譲り出来るのは1枚です)

ご希望の方は、まずはコメント欄にチケット希望の旨コメントして頂き、このペー
ジの右サイドのLinkの下にあるメッセージの画像をクリックして頂くと専用のフォ
ームが出てきますので、そちらに必要事項を記入して送信して下さい(チケットは
1枚しかありませんので、コメント先着順とさせて頂きます)。宜しくお願いします。
posted by ゆかりん at 23:54| Comment(22) | レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

レーシック・手術編

またまた時間が空いてしまってすみません。

そしてにゃんず目当ての方、最近めっきりにゃんずの話題からそれてしまっていて
すみません。

今回はレーシック「手術編」です。

適応検査で手術OKとなった私は、そのまま手術の予約を取ることになりました。

希望は「コンチェルトスーパーイントラレーシック」(神奈川クリニックで最新機
種を使ったイントラレーシック手術)。

私が神奈川クリニックを選んだ理由の1つに「執刀医を指名出来る」と言うのがあり
ました。他の小さなクリニックなどでは、検査〜手術までを院長が担当してくれる
ような所もありますが、大きなクリニックでは指名できても別料金が発生したり、
指名出来なかったりするところがほとんどですが、神奈川クリニックは希望する
先生との予定さえ合えば、希望の先生に手術を担当してもらうことが可能(別料金
無し)なので、どうせなら評判の良い先生が良いなと事前に調べた所、
新宿では
やはり新宿院の院長、北澤先生の評判が良さそうでした。

実際に手術を受けた人の話では、最近の機械はかなり高性能で、手術も検査データ
を打ち込んでほとんど機械任せなので、誰に担当してもらっても同じでしょ、と言わ
れることが多かったですが、ネットでより多くの体験談を読んだ所、やはり先生に
よって出来映えが違うような感想を持っている人も少なくなさそうでした。

ただ、神奈川クリニックはフラップを作る部屋と視力矯正のレーザーを当てる部屋
が別々で(手術中に部屋を移動)、それぞれ担当医も変わるらしく、指名が出来る
のはレーザーを当てる方だとか。話によるとレーザーを当てる方が重要なので、そ
ちらの医師が指名出来るようになっているとのこと。まぁ、それならそれで仕方が
ない・・・

と言うことで、予約の担当の方に北澤先生のスケジュールを聞くと、火曜日は常駐、
あとは週末は不定期とのこと。火曜日は夫の仕事もお休みなので、付き添ってもら
らうのにもちょうど良い!と言うことで、検査の4日後の12月9日(火)に予約を取
りました。

時間を決める際、予約の担当の方が「16時台ですと北澤1人なので間違いなく北澤で
予約を取ることが可能ですが、17時以降になってしまうと北澤ともう1人他の医師が
入るのでどちらになるかわからない・・・」みたいな意味不明な話(指名して予約
するのに、どっちの医師になるかわからないってどういうこと?)をし始めたので、
確実だと言う16:45に予約を入れて、手術前の注意事項などを聞き、目薬(手術の
3日前から点眼を義務づけられる)をもらって帰宅。


ここで簡単に手術前の注意事項を。

・手術の3日前から指定の目薬を1日3回欠かさず点眼。

女性は

・手術前日からアイメイク不可。
・手術当日は基礎化粧品のみ可。メイクは不可(整髪料等も不可)。


目薬は良いですよ。ただ、当日ノーメークって・・・


そして手術当日。

仕方なく当日は何年ぶり?ってくらい久しぶりにノーメークで電車に乗りました(>_<)

クリニックに着いてから手術までの流れ

1.書類に目を通し、同意書に記入。
2.手術前の診察(これ問題がなければ予定通り手術)
3.書類に捺印し、お支払い(手術前にお支払いって…術後の痛みを考えてってこと?)
4.手術
5.帰宅


こんな感じ。

で、お支払いを終えるとすぐ「ではこれから手術室の方へ移動しますね」と声を
かけられ、少々緊張しながらスタッフの後について手術控え室へ。

控え室には私以外にも誰か待ている人がいるのか?と思いきや、私1人・・・
そこで靴を脱ぎ、スリッパに履き替え、シャワーキャップのようなものを渡され、
髪の毛〜耳まですっぽりかぶって、更に割烹着のような手術着?を服の上から着
て待つこと1、2分(もっと待つのかと思ってた)。心の準備もままならないうちに
「では、こちらへどうぞ」と、まずフラップを作る部屋へ通され、手術用のリクライニ
ングチェアのようなものに横になり、点眼麻酔をさされ、頭の位置決めをししばし
待機。その間目は見えるけれど頭を動かすことが出来ないので、まわりがどんな
風になっているか見ることもできないまま1、2分経った頃、手術室に数人入って来た
気配がし、いよいよ手術開始!

まず最初に執刀医の挨拶から。

「○○さんですね?こんにちは。これからフラップ作成の手術を担当する、わたくし
北澤と申します」

あれ?フラップは他の人が担当するんじゃなかったの??

あっ、もしや予約の時に「16時台なら北澤1人なので…」と言ってたのは、16時台は
北澤先生1人しかいないので、レーザーだけじゃなくフラップの方も北澤先生が担当
してくれるって意味だったのか〜。良かった〜☆ なんて思っているうちに

「はい、ではまず目が閉じないように固定する為に開眼器を付けますからね〜」と言っ
ておもむろに目にガシっと開眼器をはめられましたが、これが結構痛くて・・・
後から知ったことですが、これ、結構痛いと感じる人は多いみたいです。
私は知らなかったので、「麻酔効いてないんじゃないのぉ〜?」なんて思いました
が、フラップを作っている最中は痛みを感じなかったので、麻酔は効いていたんで
しょう(笑)

フラップを作る時間は片目約20秒くらい。この間眼球を動かさないように一点を見
つめていなければなりません。最初に「緑の光を見て下さい。そのまま目を動かさ
ないようにして下さいね〜」と言われるのですが、それが結構プレッシャー。もし
動いても今の機械はトラッキングシステムが付いているので、少しくらいなら大丈
夫なんでしょうけど、出来れば動かないに越したことはないでしょうからね〜。でも
20秒間一点を見続けるのは簡単なようで実際にやると結構難しいわけで…って言う
か、最初見えていた緑の光が、フラップ作成中には視界がぼやけて何も見えなくなっ
ちゃうんですよ。なので、一体自分がどこを見ているのか?途中からわからなくな
ってしまうんです。ただ、その間先生がずっと「はい、順調ですよ〜。綺麗に出来
ていますよ〜」「あと10秒ですからね、頑張って下さい」「順調ですよ〜」
と終
始声をかけ続けて下さるので、心強かったです。

その調子で片目ずつ、両目のフラップが無事出来上がり、いよいよエキシマレーザー
を照射する為に別室へ移動。この時は視界が白くぼやけた状態なので、助手の人に
手を引かかれて移動します。そこでもまた同じように横になり、再び点眼麻酔。
そして先程と同じように先生が入って来て「執刀医の北澤です」と。予定通りです。

今回は顔に目の部分だけくりぬかれた布をかけられ、再び開眼器で目を固定し、先程
作ったフラップを何か(これは本当に何か不明^-^;)でめくり、片目ずつレーザーを照射。
これは片目5秒程度。さっきの20秒がやたら長く感じられたので、こっちはあまりに
早くて「あれ?もういいの??」って感じでした(笑)ただ、噂に聞いていた通りレー
ザーを照射した時に焦げ臭い匂い(髪の毛が焼けた時のような匂い?)がしっかり
しました。

レーザー照射が終了すると目に水?をたくさんかけられ、最後にフラップを戻して
終了!

終了するとすぐに「はい、では起きあがって〜」と起こされ、手術室内にある検眼
機の前に座らされて北澤先生が手術の出来映えをチェック。

「はい、問題なく綺麗に出来ましたよ」

これで手術の全行程が終了。なんだか長々書いてしまいましたが、この間トータル
10分程度でした。

この後休憩室?のような所へ通され、前に手術を終えた人が数人休んでいる中、私も
椅子に座らされてしばし目を閉じて待つように指示されました。

待つこと10分、術後の説明をするスタッフが来て、術後の注意事項が書いてある紙
と目薬、鎮痛剤(ボルタレン)を渡し、一通り説明を受けた所で最後に「術後1週間は
外出の際はこの保護眼鏡をかけて下さいね」と

20081212_1.jpg


このような格好悪いゴーグル?を渡され、本日の日課は全て終了!辺りを見渡すと
視界にはうっすらと白くもやがかかったような感じ。でも、壁に貼ってある印刷物
の文字は見える・・・スゴイ!もう見えるんだ!!でも、この白いもやは?これは
こう言うものなんだろうか?と心配になり、スタッフの方に「あの〜、文字は見え
るんですが、視界全体に霧がかかったような感じなんですが」と言うと、「それで
正常なので大丈夫ですよ。今は眼球がむくんだ状態なので仕方がないんです。これ
は時間とともにはっきり見えるようになってくるので心配しなくて大丈夫です」との
こと。ホっダッシュ(走り出すさま)

薬を渡された時にスタッフの方に「痛くなる前に飲んでも良いんですか?」と聞く
と、「大丈夫ですよ。早めに飲んで下さい」と言われたので、夫の所へ行ったら薬
を飲もう!なんて思いながら、夫の待っている待合室へ向かって歩いていたら・・・

「あれ?なんかもう痛い感じがするけど、気のせい?」

なんて思っていたら、それは気のせいではなく、麻酔が切れて早くも痛みが出始め
ていたようで、大急ぎでボルタレンを一錠飲みました。

が、鎮痛剤の効き目が出てくるのは飲んでから30分後くらいなので、効き目が出る
前に痛みがピークに達してしまったらしい私には、ボルタレンのような強い鎮痛剤
も1錠では待てど暮らせど痛みは引かず・・・痛みで目が開けられないので、終始夫
に手を引いてもらい、「階段」と言われるとわずかに薄目を開け、1歩目を確認し、
また目を閉じて手を引いてもらって感で歩く・・・みたいな感じでなんとか最寄り駅
まで帰ってきました。

最寄り駅に着いたのがちょうどボルタレンを服用してから1時間後くらいだったので、
駅のホームで水を買い、その場でボルタレンを更にもう1錠服用(説明書に服用後1
時間経っても痛みが治まらない場合は更にもう1錠服用するように書かれていたので)。

駅から自宅までは、雨も降っていたのでタクシーで帰宅。

帰宅後30分くらいたってからやっと痛みが少しずつマシになり、なんとか目が開く
ようになりましたが、今までほとんど目を開けていなかったので、今度はまぶしさ
で目が開かず^-^; 結局その晩は前代未聞の21時半に就寝(笑)

しかし、予想通り2時過ぎに一旦目が覚めてしまい、起きるとさっきまでが嘘のよう
に痛みも完全に治まり、目も普通に開くようになっていました目

しかも良く見えること(笑)

検診→書類記入→お支払い等々で、結局手術が終わったのは18時半頃。帰宅して寝
る頃には痛みも落ち着いてラクになっていたので、結局辛かったのは術後3時間位。
その3時間は半日くらいに感じられるくらい長かったです。

でも、一眠りして起きたらもうそこは別世界ぴかぴか(新しい) 手術が終わってから8時間弱で
こんなにも快適な視界が待っていたなんて、正直驚きでした。

翌日は右目にわずかな違和感(ゴロゴロした感じ。眼球の右端に開眼器の後がうっ
すら赤くついていたので、多分そのせいだと思います)がありましたが、左目には
違和感は全くなく、前にも書いた通り翌日検診も問題なし。検診から帰る時くらい
には右目のゴロゴロもなくなっていました。

手術前にも注意事項がいくつかありましたが、手術後の注意事項の方がたくさん
あるので、念のため。

女性は

1.アイブローや目の周り以外のメイクは翌々日朝から可(口紅は翌日から可)。
2.目の周りのメイクは1週間後から可。
3.まつげパーマ、エクステは1ヶ月後から可。

男女共に

5.シャワーは手術当日は不可。翌日から可。
6.洗顔・シャンプーは翌々日の夜から可(それまでは目の周りを避けて軽く拭く
  程度)
7.目の保護の為、外出時には保護用眼鏡装着。
8.アルコールは術後3日間控える。
9.目に影響のない運動は1週間後から可。水泳などは1ヶ月後から可。
10.出された点眼薬は毎日決められた回数点眼する。


などなど、術後の決まり事はかなりたくさんあります。
特に女性はメイクがしばらくまともに出来ないのが大変かも?!
でも、目のことですから何かあるとコワイですからねぇ〜。注意事項はちゃんと守
りましょう!

ちなみに私は、寝ている時にもしもにゃんずに顔を踏まれたら…と思うと怖くて
(と言っても、いまだかつて顔を踏まれたことなんて1度もないんですけどね(笑)でも
こんな時に限ってそんなことがあるとコワイので)術後1週間は就寝時も例のゴー
グルを着用していました(笑)

外出時のゴーグル着用は、大きめのサングラスで代用しても良いようです。なので
私は、日中は自前のサングラス、夜はサングラスだと見えないのでゴーグルと使い
分けていました。このゴーグル、格好は悪いんですが玉ねぎ切る時は良いですよ〜(笑)
返却不要なので、これからも玉ねぎ切る時に使おうと思ってます(笑)


と話がそれてしまいましたが、今日で手術から2週間経ちました。
幸い今まで炎症等のトラブルも無く、見え方も変わりなく良く見えています。
数日前に術後初めて夜間車に乗りました。以前よりも他の車のライトなどが心なし
か眩しいような気はしますが、夜間も今までと変わりなく運転出来たのでハロ・グ
レアも覚悟していたほどではなかったようです。

受ける手術によって術後の検診の頻度が違ったり、また炎症などが出た場合は普通
よりも検診に頻繁に通わなくてはならないこともあるようですが、私が受けた手術
の場合、特に問題がなければ検診は「翌日・1週間後・1ヶ月後」

ってことは、落ち着くまでに1ヶ月かかると言うことなんでしょうね。


一応これでレーシックに関しての話は一段落。その後の調子などはある程度時間が
経ったらまたレポートしますね。

これからレーシックを考えている人にとっても読むのが辛いくらい、ダラダラと長
くなってしまいすみませんでした。

最後に・・・
私が手術を受ける時にもらったのと同じ割引チケットをもらいましたので、これから
手術を受ける方、必要な方がいらっしゃいましたら

20081211_1.jpg

このチケットお譲りします。(有効期限 2009.2末)
手元に2枚ありますので、ご希望の方は取りあえずコメントにその旨書いて下さいね。


このチケットは手術を受ける本人にかメリットがないチケット(私にキャッシュバック
などはありません)ですので、ご安心下さい。

では、読んで下さってありがとうございました〜。


追伸 : 術後に知ったこのサイト、レーシックを経験した個人の方がまとめたサイト
      のようですが、レーシックについてメチャクチャ詳しく書かれています。
      とても参考になるので、見てみて下さい!

※ チケットのご希望が2枚に達しましたので、今回はこれにて締め切らせて頂き
   ます。申し訳ありません。
   なお、1月初旬に1ヶ月検診がありますので、その時にまたチケットをいただ
   いたら、ブログにアップしますので、今しばらくお待ち下さい。(追記 12/24 )
posted by ゆかりん at 23:58| Comment(11) | レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

レーシック・適応検査編

レーシックの手術を受けてからちょうど1週間経ちました。
たった1週間なのに、今となってはあの激痛が遠い昔のように思えます(笑)

昨日1週間検診を受けて来ましたが、視力は翌日検診同様、両目とも1.5。診察
で目の表面を見ていただきましたが、これまた前回同様術後の跡もとてもキレイ
で全く問題ありませんとのことで、診察もものの1分程度で終了。
次回の検診は1ヶ月後。次回も視力が1.5で安定してくれていると良いのですが…


さて、だいぶ間が空いてしまいましたが、今回はレーシック手術を受けられるかど
うか?の「適応検査編」です。

レーシックと一言に言っても、使う機械によって手術の内容が少しずつ変わって
きますが、どの方法でも手術の時間としてはだいたい10 分〜15分程度の短いも
のです。

その短い手術を受ける為に、事前に詳細な検査が必要となってきます。それが適
応検査です。

どこのクリニックが自分に一番合っているか?複数のクリニックや眼科で適応検
査を受ける方もいらっしゃいますが、私は1つのクリニック(神奈川クリニック)でし
か検査を受けていませんので、以下は全て神奈川クリニックの話だと思って読ん
で下さい。

適応検査を受ける為にまず一番重要なことは、普段コンタクトレンズを装着してい
る方は、検査の日までに角膜の形状を元に戻すため(正確なデータを取るため)
に、コンタクトの使用制限があると言うこと。

検査予定日から逆算し、ソフトコンタクトの人はまる1週間前から、ハードコンタク
トの人はまる3週間前からコンタクトの装着を中止
しなければならず、この間は
必然的に眼鏡での生活を強いられます。

検査は、まずカーテンで仕切られた暗いスペースで、移動しながらいくつかの機
械で目の状態などを調べ、一旦待合室に戻り、次に明るいスペースで視力検査
など、またいくつかの検査を受けます。その検査の最後に点眼麻酔をされ、目の
表面に直接ペン先のようなものを当てられ眼圧を計ります。それが終わると更に
もう1種類、今度は「瞳孔を開く目薬」と言うのを点眼されます。

この目薬をさされてから瞳孔が開くまでには20分〜30分かかるそうで、その間手
術についての説明ビデオを見させられます。

ビデオは15分程度のものなんですが、見ている間にだんだん瞳孔が開いてくるよ
うで、画面が見にくくなってきます^-^; ビデオを見終わり、呼ばれるまでまた待合
室で待機。その後呼ばれて「暗所瞳孔径」と言うのを計る検査をし、一通り検査
は終了。

次に次に先生の診察があり、これまた呼ばれるまで待合室で待機します。
が、瞳孔が開いてしまっている(この薬の持続時間は5時間位あるらしいです)為、
眼鏡をかけてもはずしても、近くにも遠くにもピントが合わないので、本を読むこと
すら出来ませんあせあせ(飛び散る汗)(帰り道もよく見えず、帰宅してからもしばらくこの調子で正直
これはかなり辛かったです(>_<))

その後診察室に呼ばれ、角膜の状態などを含めた診察があり、それが終わると先
ほどの検査の結果がプリントされたシートを渡され、目の状態について細かい説明
があります。

そのシートがこれです。

20081211_2.jpg


レーシックの検査を受けたことがない方は、こんなの見ても何がなんだかわから
ないと思いますが、検査を受けた方、これから受けられる方の参考までに・・・

手術は角膜を薄く削って「フラップ」と言うフタのようなものを作り、そのフタをめく
った所に視力矯正の為のレーザーを照射します。よって手術を受ける為に何より
も重要になってくるのは「角膜厚」です(その人の近視の程度により、手術を受ける
為にどれくらいの角膜厚があれば良いか?は違ってくるので、一概に最低でもどれ
くらいの厚さが必要か?はわかりませんが・・・)。

角膜の厚さは、コンタクトレンズを装着し続けることによって少しずつ薄くなってい
くようなので、コンタクトレンズ装着歴20年の私はどれだけ角膜が薄くなっている
か?結果を見るまでドキドキでしたが、このシートを見る限り、日本人の角膜厚
の平均520μmを少し上回る程度の角膜厚はあったようです。また、眼圧も平均
的、角膜表面にキズもなく、角膜形状もキレイと言うことで無事に適応検査は
パスとなりました。

私くらいの視力(中等度)でこれくらいの角膜厚がある場合、もしも1度の手術で
思うように視力が回復しなかった場合は再手術は問題なく出来るそうです(もっと
も、この程度の近視ではほとんどの方が1度の手術で1.0以上の視力は出ている
ようですが)。

次に手術の方法です。
一言にレーシックと言っても使用する機器によって、方法や金額が変わってきます。

私は「コンチェルト スーパー イントラ レーシック」と言う手術を選択しました。

これは神奈川クリニックに導入されている最新の機器を使った手術で、従来の
「CR スーパー イントラ レーシック」と言う手術に比べ、レーザーによる角膜切
除量が少なく、レーザーの照射時間も5秒程度と言うもの(CR〜とは数秒しか違わ
ないらしいですが)。レーザーの照射時間は、短ければ短いほど誤差が生じにくく、
合併症のリスクも少ない
と言うことで、金額的な差はありますが、目のことなので
万全を期したいと思い、こちらを選びました。

が、1つ問題が・・・
私、「暗所瞳孔径」7mmあるらしいんです。
暗所瞳孔径とは、文字通りくらい所での瞳孔の大きさ。猫ほどではないにせよ、人
間の瞳孔も明るい所と暗い所ではサイズが違って来ます。

では、ナゼ7mmあることが問題か?と言うと、レーシック手術でのレーザー照射径
は一般的に6.5mmに設定されている(一般的に暗所瞳孔径は6〜6.5mmの人多
い)そうで、このサイズよりも自分の瞳孔径が大きい場合、ハロ・グレアと言った、暗
い所での光のにじみなどの症状が出る可能性が高いとのこと。このハロやグレアが
酷い人は夜間車の運転が難しくなったりすることもあるらしいです(暗所瞳孔径と
ハロ・グレアの関係についてはこちらがわかりやすいです)

この現象を極力抑えることが出来ると言われる手術方法に「ウェーブフロント」
と言うのがあります。これはその人それぞれの光学的な歪み(収差)を「ウェーブ
フロントアナライザー」と言う特殊な装置で予め測定したデータに基づいて収差
を取り除くようにレーザーを照射するので、術後ハロやグレアなどが出にくく、
ものの輪郭などもくっきりするそうです。そしてこの「ウェーブフロントレーシック」
を受けるには、一連の検査以外にこの手術専用の検査を受ける必要があります。
神奈川クリニックでは、この検査で適応と判断されれば別料金ナシでこの手術を
受けることが出来ます。が、適応となる人は10人に1人くらいの割合で、この手術
にはコンチェルトスーパーイントラレーシックに比べ、角膜を20%多く削ると言う
リスクもあるそうです。

私も念のためこの検査を受けましたが、私の場合暗所瞳孔径が大きいだけで、乱
視がほとんどなかったことから、この手術を受けてもそれほどの効果は望めない
と言うことで適応となりませんでした。

なお、暗所瞳孔径は若ければ若い程大きいそうで、20代と30代では1mmも違う
と言う話もあります。と言うことは私の目は若いと言うこと・・・(笑)ではなく、瞳孔
径は年齢とともに小さくなって行くので、もしハロ・グレアの症状が出たとしても、
歳を取れば症状が落ち着くと言うことと、症状があっても酷くなければしばらくする
と慣れたり、気にならなくなったりするそうです。

ちなみに、結果から申しますと、私も光の滲みは出ました。が、コンタクトの時
や眼鏡の時も多少なりともあったと思うんですよね・・・(って、たった1週間前
のことなのにどんな風に見えていたか忘れてしまった)と言う程度です。

あっ、あと、レーシックは遠くに視力を合わせるので、既に老眼が出てきていたり、
老眼の自覚はなくても、実は少し老眼が入ってきている人(近視の場合は老眼に
気付きにくいことが多いらしい)は術後遠くはよく見えるけれど、近くの文字が見え
にくくなると言う老眼の症状が顕著になることがあるそうです。このことを考えると、
レーシックをやるのにベストな年齢は、近視の進行が止まり、老眼になるまでに
時間のある、20代後半〜30代前半なのかなぁ〜?なんて思います。
と言うことで、Around 40世代はやるなら急いだ方がよさそうです。

すみません、またまた長くなってしまいました。

最後に1つ。
せっかく受けた手術で

「こんなの知らなかったよむかっ(怒り)」  とか 「こんなハズじゃなかったたらーっ(汗)

なんてのは出来れば避けたいですよね?!
レーシックには良いこともたくさんありますが、当然リスクもあります。
先生から話してくれるリスクもありますが、質問しないとわざわざ説明してくれ
ないこともあります。誰のものでもない、自分の大切な「目」の為です。検査前に
出来るだけ自分で情報を収集し、可能性のあるリスクについては自分から質問
するくらいのことはするべきだと思いました。

では、次回「手術編」をお楽しみ?に〜。
posted by ゆかりん at 23:58| Comment(5) | レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。