2010年10月20日

スクスク(^-^)

福ちゃん、昨日1回目のワクチン接種をしてきました病院

ワンちゃんはどうかわかりませんが、猫は通常お母さん(初乳)から
もらった免疫が切れる生後2ヶ月頃に1回目のワクチン接種、そして
その1ヶ月後(生後3ヶ月)くらいに2回目を摂取し、翌年からは1年に
1回ワクチン接種をします。

福ちゃんは保護された日(9月21日)に病院で生後1ヶ月弱くらいと言
われたらしく、我が家のかかりつけの動物病院の先生にも生後2ヶ月
弱と言われましたが、健康診断していただいた所健康面に特に問題は
ないとのことで1週間くらい早かったですが昨日ワクチン接種となりま
した。

人間の子供が昨日まで喋れなかったのが、翌日にはいきなり「ママ」
って言えるようになったりするのと同じように、昨日まで自力で飛び
乗れなかったソファに今日は軽々飛び乗れるようになったりしている
のを発見するたびにしみじみ成長を感じます。

体重も

 9月21日・・・350g
 9月30日・・・520g
10月 5日・・・620g
10月11日・・・758g
10月19日・・・925g

と、順調に増えています。

猫の体重は生後2ヶ月で1000g前後らしいので、まぁ標準かな?

うちに来た時と比べると倍くらいの大きさになってるんですよね~。
そんなに急いで大きくならなくてもいいのに(笑)
猫の成長って本当に早いですあせあせ(飛び散る汗)

出来るようになったこと、体の大きさ、これら以外にも成長を感じる
ところがあります。

それは「目」

大人の猫の目は黄色やグリーンがかった色、ブルーなど様々です
が、子猫の目はkitten Blue(キトンブルー)と言ってみんな
ブルーグレー色の目をしていて、生後3ヶ月頃までにその子の
本来の目の色に少しずつ変化して行きます。

福ちゃんもうちに来たばかりの時は

20101020_2.jpg

こんな風に青い目をしていましたが、今日撮った写真を見ると


20101020_3.jpg

ブルーがもうほとんどなくなっています。
福ちゃんはイエローの目になるのかな??


そう言えばさっき福ちゃんの姿が見えないので、どこかで寝てる
のかな?と、いつも寝ていそうな場所を探しましたが、姿がなく…
あれ~??どこ行っちゃったんだろう?って思ったらキャットタワー
の最上段
にいましたグッド(上向き矢印)

20101020_1.jpg


つい10日前くらいまでは1番下にも登れなかったのに~。

毎日タンパク質をしっかり摂って、いっぱい走り回ってるので日々
しっかり筋肉も発達して行ってるんでしょう。

明日はどんなことが新たに出来るようになるのかな?わーい(嬉しい顔)


そうそう、福ちゃんのお誕生日ですが、8月下旬生まれと言うこと
は間違いなさそうですが、いつ生まれたかははっきりわからない
ので、いつにしよう??と話し合った結果、

8月29日生まれ

に決定しました。

29 → フク

と単なるゴロ合わせですわーい(嬉しい顔)

決して

29 → ニク

ではございません(笑)
posted by ゆかりん at 23:58| Comment(5) | | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

福ちゃんをお迎えしたワケ

子猫を新たに迎えることは前々から考えていたわけではなく、
むしろ「もうこれ以上はムリ」って思ってました。

が、あることでお友達のネコマスさんとメールしていた時、話の
流れで凛が我が家のにゃんずの中でわりと孤立してしまってい
ると話したら、ネコマスさんからの返事に「子猫だったら凛たんも
面倒みるかな?」
みたいなことが書かれていて…。

凛はニャメンズを嫌っているわけではなく、COCOとは時々追い
かけっこなどもしているんですが、どうもニャメンズ相手だと威圧
されてしまうようで…凛と遊んでいても、そこにCOCOとにゃーたん
が参戦してくるとさーっと後ろの方に下がって遠慮してしまいます。

COCOもにゃーたんも興奮すると当たりが激しくなるので、もしか
したら、以前一緒に遊んでかなり激しくぶつかられたりした事が
あったのかな?

寝る時もいつも1人で、たまーに凛が寝ている猫ベッドにどうして
も寝たいベロが(凛と寝たいわけではなく、そのベッドで寝たい)凛
の横にムリムリ割り込んで、凛に嫌~な顔されながら一緒に寝て
いることもありますが、ニャメンズが猫団子になって寝ている中に
凛が自分から一緒になって寝ようとすることは皆無。

そんな感じなので凛が他の猫をグルーミングすると言うことはあり
ません。ただ、ベッドやぬいぐるみにグルーミングしている事があ
るので、本当はグルーミングしたいんじゃないかなぁ?ってたらーっ(汗)
(そんな姿を見ているとなんだかく不憫で…)

よく避妊手術をしていないメス猫が、拾って来た子猫をまるで我が
子のように面倒を見たなんて話を聞いたことはありましたが、凛の
場合生後半年過ぎに避妊してしまったし、見る限り凛自身がかなり
子供っぽいので子猫を拾ったところで母性が芽生える可能性は少
ない気が。

ただ、まだまだ遊びたい盛りの凛を見ていて、子猫だったら凛の良
いお友達になって一緒に遊ぶかも?とは思っていました。

でも、凛は女の子だからか?ニャメンズに比べてかなり神経質かつ
臆病なので、子猫すらも拒否する可能性もあり、新しい子を本気で
迎えようとまでは思わず…。

そんな時にネコマスさんからの助言?があり、もう一度真剣に考え
てみようかな?と、久々にmixiの里親コミュニティを覗いてみたら、
たまたま福ちゃん(その時は名前は付いてませんでしたが)の里親
募集のトピックを発見。

写真で見る限りもちろん可愛かったけれど、それだけじゃなく、なん
となく惹かれるものを感じ、会ってみたいな~と思いました。

その時点では絶対子猫を迎えると言う固い決意はなく、全ては会っ
てみてからと言う感じでしたが、とんとん拍子でお見合いの日程が
決まり、私1人で会いに行って来ました。

実際に会った福ちゃんは、私が写真で感じた通りの、屈託なく、物
怖じしない人間大好きなとっても明るい子でした。凛が神経質なの
で、福ちゃんみたいな子はまさに理想的。

お見合いの時に撮った動画や写真を見せるとダンナも一目で気に入
り、福ちゃんがmixiに掲載されてからたったの5日で我が家の子に
なりました。

福ちゃんが来た時の様子では、COCOが一番仲良しになるかな?と
思いましたが、COCOもにゃーたんも福ちゃんがあまりにも小さいから
逆に扱いに困っているようで(怪我でもさせたらって思うのかな?)、グ
ルーミングしてあげている最中に福ちゃんに絡まれると反撃出来ずに
逃げてしまいます(笑)

で、肝心の凛たんはと申しますと



目論見通り福ちゃんと一番仲良しになりましたるんるん

凛たんが私と遊んでいる時以外にこんな風に楽しそうにしているのを
見るのは初めてかもわーい(嬉しい顔) 

ちなみにこちら↓は福ちゃんが来て5日目の様子。



こうやって比較すると福ちゃん大きくなりました~。
(キャットタワーももうだいぶ上の方まで登れるようになりました)

最近ではこういう光景が1日に何度も繰り広げられ、それを見るたび
心から「よかったなぁ~」と思い、思わず顔がほころんでしまいます(笑)

追いかけっこだけじゃなく、凛たん、まるでお母さんのように福ちゃん
の面倒をしっかり見てくれているんですよ~。その様子はまた明日グッド(上向き矢印)

凛たんに一緒に遊べるお友達が出来て本当に良かったですかわいい


P.S.

今日COCOを病院に連れて行き、白血球数の再検査をして来ました。
結果は正常値範囲内にまで下がっていました(範囲内ではまだ高い方
ですが徐々にもっと下がるでしょうとのことでした)。

ちなみに、今回大人にゃんずがみんな同じような症状で体調を崩した
ことを考えると、福ちゃんから感染した可能性が濃厚(野良だった子は
色々な菌を持っていることが多いらしい)とのことです。
ただ、ワクチンを摂取していたおかげで軽い症状で済んだようです。
やはり室内飼いでもワクチン摂取は必須ですね!


posted by ゆかりん at 17:00| Comment(5) | | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

ご心配おかけしましたm(_ _)m

にゃんずの体調をご心配下さったみなさま、どうもありがとうござい
ました。

一応みんな回復しましたグッド(上向き矢印)

COCO→ベロ→凛と来て、にゃーたんだけは大丈夫かと思ってい
ましたが、土曜日の夜ににゃーたんも様子がおかしくなり…

最初普通に猫ベッドで寝ていたんですが(にゃーたん)ふと見ると
目が三角になって耳が真横を向いていて…(笑)

そんなにゃーたん見るの初めてで、実際かなり面白い顔だった
のでダンナと「何この耳~(笑)こんなの初めて見るね、笑える~」
とか言いながら笑っていたんですが、それから程なくにゃーたん
が口の周りを舐めだし、吐きそうな様子になって来て、その時点で
ようやく「ヤバイ!にゃーたん体調が悪かったんだ!笑い事じゃな
いよ」ってことに気付きました。

その後もずっと気持ち悪そうな様子だったので、朝まで様子を見て
引き続き具合が悪そうだったら病院に連れて行こうと思い、夜中2
回くらい起きて様子を見ましたが、相変わらず具合悪そうで。

そんなわけで早起きして病院へ連れて行こうと思ったところ、少し体
調が良くなったようでゴハンを食べていたのでにゃーたんは病院へ
は連れて行きませんでした。

その後気持ち悪い素振りは見せませんでしたが、凛と同じように声
がいつもと違って風邪声のような感じになり、ベロのように何度も咳
をすることはありませんでしたが、時々咳も出ていたので多分みん
な同じような喉に来る風邪だったのかな?と。

ベロと暮らし初めて13年以上経ちますが、未だかつて誰も風邪なん
てひいたことがなかったので、ワクチンを接種していれば風邪なんか
かからないのだとばかり思っていましたが、どうやらワクチンで100%
風邪を防げるわけではなく、ワクチンを接種していても風邪をひく時は
ひくようです。ただし、症状は軽くて済むらしいです。

詳しくはこちらをご参照下さい → 
「猫の風邪」

↑を見ると、症状の1つに

・咳(わかりにくいかも知れませんが、しゃっくりするような感じです)
 や声がれ、声が出なくなることがあります。ノドの症状が強い場合は、
 食事が飲み込みにくくなることがあります。

と言うのがあります。今回みんなの症状はこれに当てはまりました。

猫の風邪は感染力がかなり強いらしく、同じビルに風邪をひいている
猫がいるとみんな感染してしまうと言う話もありますので、同じ部屋に
いたらみんなにうつってしまっても不思議ではありません。

今までみんな一度も風邪に感染したことがなかったのはワクチンを打
っていたこともありましたが、外へ出ないので他の猫と接触することが
なかったと言うのもあると思います。

今回全員同じような症状に見舞われたことから、もしかしたら福ちゃん
が原因を運んで来た可能性も0ではありません(本人は至って元気で
すが(笑))。潜伏期間は2日~10日と言うことなので、福ちゃんが来て
から1週間ほどで発症したことから考えてもその可能性が濃厚です。

ベロの声ですが、まる1日以上完全に声が出なくなってしまい、声がか
すれるとかならまだしも、風邪で声が完全に出なくなることなんてある
の??と思いましたが、抗生物質と抗炎症剤を飲ませて2日後にはか
すれた声が出るようになり、おかげさまでもう完全にベロの声に戻りま
した。良かった~。

室内飼いだからとワクチンを摂取させない人もいるようですが、もし打っ
ていなかったら、みんなかなり重傷になっていた可能性もありますので、
打っておいてよかった~と今回つくずく実感しました。

気休めですが、一応人間のベッドのカバーリング類を全て洗濯し、床も
全室スチームモップで消毒しました。あと福ちゃんも念のためシャンプー
を(笑)

にゃーたんと凛はまだ少し風邪声なので、薬を貰って飲ませた方が良い
かも。明日は病院がお休みなので、金曜日にでも薬だけもらって来よう
かな?

いやー、しかし今回はみんな次々に具合が悪くなって本当にビックリしま
した。

どうかもうみんな体調を崩しませんように…

posted by ゆかりん at 01:00| Comment(8) | | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。