2015年09月24日

憧れのエーゲ海クルーズ(準備編・その3)

出発の1ヶ月半前くらいになると
【Cruise Vacation Guide】
と言う、クルーズの詳細が記載された案内が届きます。


IMG_7089.jpg


そこにはお部屋番号なども記載されているのですが、部屋番号が記載
されるはずの場所にはなぜか【GTY】と記載されていて、具体的な
部屋番号が記載されていません。

クルーズが初めての私には、GTYの意味がわからず、ネットで調べた
ところ、Guarantee Type なんちゃらの略だそうで、予約したクラス
を含むそれ以上のクラスのお部屋を確約するという意味だそうです。

代理店に問い合わせたところ、遅くとも出発の1週間くらい前迄には
決まるので、決まり次第連絡をくださるとのこと。

船のお部屋は安いお部屋から埋まる傾向にある為、安いお部屋をなる
べく空けてそこに予約を入れ、GTYの人は最終的に埋まらなかった、
予約よりもグレードの高いお部屋を割当られることが少なくないらし
い、との情報を得て、淡い期待を抱きながら連絡を待つ私…(笑)

しかし、待てど暮らせど連絡はない顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)
オーシャニア・クルーズの本国サイトに予約番号を入れれば自分達の
予約状況が確認できるので、日が近くなってからは毎日のように確認
し、結局具体的なお部屋番号が表示されたのは出発の6日前、代理店
から連絡があったのは4日前とかなりギリギリでしたあせあせ(飛び散る汗)

肝心のお部屋は?と言うと、予約はPH3(ペントハウスの中で階層
1階低い安いお部屋)でしたが、決まったお部屋はPH1(ペントハウス
の中で一番高いお部屋)にアップグレードされていました手(チョキ)
しかも、お部屋の場所は11階のちょうど真ん中辺りのエレベーターに
も階段にも近いとても便利なお部屋にこにこ


IMG_6719.jpg


ラッキーきらきら
posted by ゆかりん at 19:44| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憧れのエーゲ海クルーズ(準備編・その2)

ご存知の通り我が家にはには猫が5匹いるので、家を空ける際には
必ずペットシッターさんのお世話になることが大前提。

猫は環境が変わるのをひどく嫌う生き物なので、昔から我が家では
ペットホテルには預けずに、私達が留守の間も普段と同様に自宅で
過ごしてもらい、お世話だけをペットシッターさんにお願いしてい
ます。

シッターさんはもうかれこれ10年近くお世話になっているの方なの
で、我が家のにゃんずの特徴などもわかって下さっていて留守中の
お世話をお願いしています。

私達が旅行に行くことが出来る一番重要な条件は、にゃんずが元気
でいてくれること。これに尽きます。

旅行に前に誰かが具合でも悪くなってしまった日には旅行をキャン
セルしなければならない事態になってしまいます。

1. にゃんず5匹全員が健康なこと
2. ペットシッターさんが留守中にゃんずのお世話をしてくれること
3 .私達の健康に問題がないこと

これら全ての条件がそろわないと、”旅行に出かける” と言うこと
自体出来ません。

動物と暮らしていいる人はみな同じですが、自分達の都合だけでは
どうにもならないので、当日までヒヤヒヤものですあせあせ(飛び散る汗)

旅行前の準備として、荷物のパッキングは誰もが必ずやること。
以前はパッキングにかなり時間がかかり、出発前日の深夜遅くまで
ヒーヒー言いながらやっていたこともありましたが、最近は2時間
もあれば自分の荷物の用意は出来るようになりました(今となっては
何にそんなに時間がかかっていたのかわからない(笑))。

が、うちのように留守中にゃんずはそのまま家で過ごし、お世話を
シッターさんにお願いするような家は自分の準備以上ににゃんずに
かかわる準備に時間がかかります。

留守中ににゃんずに何か危険なことがあってはいけないので、部屋の
中はできるだけすっきりさせなければなりません。

また、不在中のお掃除は全てルンバにお任せなので、ルンバがからん
でしまったりするようなものが床に落ちている状態はNGなので、猫
のおもちゃ類も全てしまい、電源コードもルンバがひっかけないよう
全てチェック!

にゃんずが5匹もいると食べるものも異なるので、事前にシッターさん
と打ち合わせしたゴハンを全てキッチンの上に並べ、万が一足りなく
なった場合はここにある等、打ち合わせの時に漏らした情報などは細
かくメモに記載して置いておいたり等、とにかく留守中のにゃんずの
ことに関しての事前準備に時間がかかります。

これに関しては、どんなに時間がかかってもしっかりやっておかない
と旅行中ずっと気がかりになってしまうので、旅行準備としては最重
事項です。

しかし、数回チェックして完璧な状態で家を出たつもりでも、途中で
1つくらいはやり忘れたことに気付いてしまうこともあるわけで…顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)
そんな時はシッターさんにお願いしてやって頂けるようなことであれ
ば、即連絡してお願いします。

ペットシッターさん。本当に心強くありがたい存在です紫ハート
そして、いつも元気でいてくれるにゃんずにも感謝、感謝ですにこにこ



posted by ゆかりん at 11:56| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憧れのエーゲ海クルーズ(準備編・その1)

2015年9月7日 イスタンブール発着のオーシャニア・クルーズ
リビエラのエーゲ海航路の予約は無事完了。

次にフライトの予約をしたわけですが、イスタンブールへは成田
から直行便(ターキッシュエアラインズ)が就航していて、22:30
成田発、イスタンブールに早4:40着と言う便に乗れば出航当日着
でも時間的に全く問題ないのですが(船のチェックインは12時〜)、
せっかくイスタンブールに行くのに素通りじゃもったいない!と、
予定より1日早くイスタンブール入りして観光しようと言うことに。


トルコは夫も私も初めてだったので何も分からず、とりあえず1冊
ガイドブックを買ってどこら辺を観光するか?など目星を付けたと
ころでホテル選び。


私達が行きたいと思ったところは全てイスタンブールの旧市街に
集約されていたので、旧市街でホテルを探しところ、TripAdvisor
のイスタンブール第2位の Hotel Amia と言うホテルのレビューが
とても良かったで、レビューを信じてHotel Amiraを予約しました。


全ての予約を終え、クルーズまで約8ヶ月。
その間はイスタンブールを始め、寄港地の情報収集期間。
と言っても、色々決めたのは間際になってからですが(笑)


寄港地ではエクスカーションと言う、船が主催するオプショナル
ツアーがあります。

エクスカーションは、例えば港から遠く離れた遺跡などに車で移動
し、ガイドが色々説明してくれたりと、自分達で下調べする必要も
ないのでそれに参加すれ寄港地での心配もゼロでとても楽ちんなの
ですが、他の船会社のエクスカーションはどんな感じかわかりません
が、オーシャニアのエクスカーションは少々お高め。
なので、出発前に送られてくるエクスカーションリストを参考に、
自力で行けそうな場所には極力自力で行った方が金額的にはかなり
節約出来そう。と言う事で、エクスカーションには参加せずに全て
自力で行動する事を選択しました。


ただ1つ問題が。
普段海外旅行へ行く時は必ず現地で繋がるポータブルWiFiをレンタル
して行くので、海外でもネットの心配はしなくて良いのですが、ク
ズの場合、例えば今回はトルコとギリシャなので、ヨーロッパ
周遊のWiFiをレンタルしたとしても、海の上では電波が届かないし、
寄港地も島が多いのでもし繋がらなかった場合レンタルした意味
ない…と言うことで今回はレンタルしないことにしました。


となると、現地で自力で動く場合、ちょっと調べたい事があっても
いつものようにすぐ調べることが出来ないので、とりあえず行きた
場所の情報はEvernoteに入れ(Evernoteの無料バージョン
オフラインは使えないのですが、裏技でショートカットに登録して
おくとオフラインでも見られるので、必要なノートは全てショー
カットに入れておくと便利ですよにこにこ)、あとは問題なのが地図。


自力で歩くのに地図はかなり重要です。
それも、Google Mapsのオフライン地図(必要な場所の地図をオフ
ライン地図としてダウンロードしておく)を予めダウンロードして
おけば、現地でネットに繋げられなくてもGPS機能だけで現在地を
かなり正確に表示してくれるのでこの作業も必須です(オフライン
地図をダウンロードしておかないとネット環境がない場所では地図
は開けないので要注意exclamation

と、エクスカーションに参加しない場合は事前にやることがたくさ
んありますが、まぁそれも旅行前の楽しみと言う事で♪
posted by ゆかりん at 09:57| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。